医療法人社団 靭生会

江戸川プラスクリニック

開院時間 平日 9:30~12:30/14:00~17:30 9:30~13:00 【日・祝 休診】
プレシジョンメディスン

プレシジョンメディスン
(個別化医療・がんゲノム医療)

プレシジョンメディスンとは

プレシジョンメディスンは「個別化医療」とも表現されます。がん組織や血液から遺伝子変異を調べ、一人ひとりに効果的だと考えられる薬剤を選び治療することを指します。

ほとんどのがんは、喫煙、生活習慣、加齢などが原因となり、遺伝子が変異することによって発生します。遺伝子が変異すると、細胞の増殖を促すアクセルが踏まれたままの状態(がん遺伝子の活性化)や、細胞の増殖を抑制するブレーキがかからない状態(がん抑制遺伝子の不活化)となり、細胞の増殖異常を引き起こします。それが、がんの進行・増殖の原因になると考えられています。そのため、がんの原因となる遺伝子変異を特定し、その作用をうまく抑えるような薬剤を見つければ、細胞ががん化することを防いだり、すでにできているがんの進行・増殖を抑えたりすることができると考えられます。

がんの原因となる遺伝は、人によって異なる為、どのような遺伝子変異が起きているかを調べる必要があります。がん組織や血液などを採取して、次世代シークエンサーといわれる解析機械で1度に多くの遺伝子を同時に調べ、がんの原因となる遺伝子変異を特定します。遺伝子変異が特定したら、その遺伝子変異に応じた薬剤(分子標的薬)を使用して、治療を行います。

従来の殺細胞性抗がん剤治療と比べたプレシジョンメディスンのメリット

従来の治療は、主に臓器別に過去の統計から有効だと考えられる薬剤を試していくやり方で、実際に患者さんへ投与してみないとその患者さんに効果があるのかはわかりませんでした。

一方、プレシジョンメディスンはがんの原因となる患者さんの遺伝子変異を特定することで、その遺伝子変異に応じた有用性が高いと考えられる薬剤で治療を行うことができます。

プレシジョンメディスンの治療

※遺伝子検査を行っても、遺伝子変異が見つからない場合もあります。また、遺伝子変異があっても薬剤が未開発の場合もあります。

※プレシジョンメディスンで使用する薬剤(分子標的薬)の副作用は薬剤毎に異なります。分子標的薬の副作用 詳細

プレシジョンメディスン
(個別化医療・がんゲノム医療)をお考えの方へ

治療の流れ

1

医師との面談

診療情報提供書(紹介状)をお持ち下さい。

医師が面談にて、標準治療がない、もしくは受けられない状況であることを確認し、そのうえで、プレシジョンメディスンの適応があるかどうかの判断をおこないます。

矢印
2

遺伝子検査

がんの原因となっている遺伝子の検査を受けます。

遺伝子検査を受ける方法は保険診療と保険外診療があります※。

その他、臨床研究などで受けられる方法もあります。

すでに他施設で遺伝子検査を受けられている方はその結果をお持ちください。

まだ、遺伝子検査を受けられていない方は、当院で末梢血によるがん遺伝子パネル検査を受けることも可能です。

※保険診療で検査を受けるには、標準治療が終了した、標準治療がないなど、条件があります。

矢印
3

治療計画の策定

遺伝子検査の結果をもとに、医師が総合的に判断をし、効果的だと考えられる薬剤を選択します。

矢印
4

治療薬の準備

保険診療内では対応できない、国内に流通している薬剤やFDA承認薬剤(日本未承認薬)を、医師が海外から個人輸入します。薬剤を取り寄せるまでに2~4週間程度の時間がかかります。

矢印
5

治療開始

薬剤が届いたら、治療をおこないます。

当院のプレシジョンメディスンに対する考え方

当院の基本的な考え方として、標準治療を実施した後の選択肢のひとつであり、 標準治療を行わず実施する治療ではないと考えます。

留意点

遺伝子検査を行っても、治療に有用な遺伝子変異が検出されない場合があります。 遺伝子検査を行い、遺伝子変異が検出されても、薬剤が開発されていないなどの場合があります。 検査の結果、遺伝性疾患の素因が発見される場合があります。

その他

当院は国内では承認されていない薬剤(未承認医薬品)を医師が海外から個人輸入しています。

プレシジョンメディスン料金

(税込)

診察料 30分11,000円
30分経過後 15分毎5,500円
内服薬 詳細

内服薬

薬剤料

例:1日1回 1回1錠 約30日分

975,430円

例:1日1回 1回1錠 約30日分

675,000円

例:1日2回 1回6錠 約37日分

992,570円

例:1日2回 1回2錠 約30日分

962,150円

プラス

送料

44,000円

プラス

1回投与手数料

55,000円

イコール

1回処方合計金額

 

令和4年 9月9日現在

点滴 詳細

点滴

薬剤料

 

 

※「1回目」と「2回目~」で投与量が変わります。
プラス

送料

44,000円

プラス

1回投与手数料

220,000円

イコール

1回投与合計金額

 

令和4年 9月9日現在

※薬剤は遺伝子検査の結果により異なります。上記、記載がない場合はお問い合わせください。
※「送料」は薬剤を発注する毎に費用がかかります。
※為替の影響などで料金が変動することがあります。

当院でのがん遺伝子パネル検査をお考えの方へ

当院のがん遺伝子パネル検査は、血液の中に存在するがん組織由来の遺伝子を解析し、がん関連遺伝子を調べるものです。

血液を採取し、体の中を循環している遺伝子を解析するため、リアルタイムな腫瘍全体の遺伝子変異を反映することができます。

検査の流れ

1

医師との面談

医師が検査の方法や目的などをご説明します。検査の同意書にご署名をして頂きます。

矢印
2

採血

血液(10ml×2本)をとります。

矢印
3

検体の解析

次世代シークエンサーという機械で、血液中のがん遺伝子の解析が行われます。
おおよそ2~4週間程度で医師へ報告書が届きます。

矢印
4

医師の説明

医師が検査結果や今後の治療方針についてご説明します。

がん遺伝子パネル検査

当院のがん遺伝子パネル検査は、以下の2つとなります。

解析対象遺伝子数 検査返却日数
Guardant360 74 10~14日
ジェノダイブファーマ
cfDNA変異解析検査
77 4週間

留意点

遺伝子検査を行っても、治療に有用な遺伝子変異が検出されない場合があります。遺伝子検査を行い、遺伝子変異が検出されても、薬剤が開発されていないなどの場合があります。検査の結果、遺伝性腫瘍・家族性腫瘍の素因が発見される場合がありますが、確定診断とはなりません。

がん遺伝子パネル検査料金

(税込)

Guardant360 487,000円(1$=130円)
ジェノダイブファーマ
cfDNA変異解析検査
396,000円

※Guardant360は為替によって料金が変動します。

担当医
当院では、原則、日本臨床腫瘍学会認定のがん薬物療法専門医が診療にあたっています。
がん薬物療法専門医とは、臓器横断的な正しいがん薬物療法をおこなうために、日本臨床腫瘍学会が認定している専門医です。学会認定の研修施設で研修を修了し、複数のがん種の経験、病歴要約、筆記試験、面接などで審査される難易度の高い資格です。
現在、1,458名が認定されています(2022年2月25日現在)
明星智洋

明星 智洋Tomohiro Myojo

明星智洋
  • 江戸川病院 腫瘍血液内科部長
    がん免疫治療センター長/プレシジョンメディスンセンター長

    わが国では、2人に1人ががんになる時代になってきました。
    もはやがんは他人事ではありません。

    しかし、この10年ほどでがん治療も飛躍的に進歩してきました。
    新薬も多く開発されており、その薬剤をきちんと使いこなせば、がんは恐れる病気ではないと考えています。

    当クリニックは、抗がん剤の専門医である、日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医が在籍しており、安心して、がん治療を受けることができます。

    まずは、気軽にご相談いただければと思います。

認定資格

  • 一般社団法人 日本内科学会認定内科医
  • 一般社団法人 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 一般社団法人 日本臨床栄養代謝学会Total nutritional therapy 修了
  • 特定非営利活動法人 日本緩和医療学会緩和ケア講習会修了
  • 公共社団法人 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
  • 一般社団法人 日本血液学会血液専門医・指導医
  • 公益社団法人 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医

略歴

2001年
熊本大学医学部 卒業
岡山大学医学部附属病院 腎・免疫・内分泌・代謝内科
国家公務員共済組合連合会 呉共済病院内科
2003年
国家公務員共済組合連合会 呉共済病院血液内科医員
2004年
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院血液科
2005年
がん研究会有明病院 化学療法科・血液腫瘍科
2009年
江戸川病院 腫瘍血液内科
後藤宏顕

後藤 宏顕Hiroaki Goto

後藤宏顕
  • 江戸川病院 腫瘍血液内科副部長/化学療法センター長
    がん免疫治療センター副センター長/プレシジョンメディスンセンター副センター長

    私は抗がん剤治療と苦痛緩和治療の専門家です。
    もっと出来ることはないかという思いや、体の痛みや体力の衰えへの焦り、仕事・家族にどう向き合ったらよいかなど様々な思いの中で闘病されている患者さんに寄り添う仕事をしています。
    あなたの思いや願いを教えてください。今出来ることを一緒に探していきましょう。

認定資格

  • 日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
  • 日本緩和医療学会緩和医療専門医
  • 日本内科学会認定内科認定医
  • PEACE PROJECT
  • 緩和ケア講習会・指導者講習会修了
  • 院内緩和ケアチームリーダー

略歴

2004年
千葉大学医学部 卒業
船橋市立医療センター 初期臨床研修医
2006年
がん研究会有明病院 消化器外科レジデント
2008年
がん研究会有明病院 化学療法科レジデント
がん研究会有明病院 緩和ケア科研修
2010年
江戸川病院 腫瘍血液内科
2011年
聖路加国際病院 緩和ケア科研修

主ながん治療法